\ 楽天BLACK FRIDAYセール! /

AIイラスト生成サービス「Midjourney」の始め方と便利な使い方

AIイラスト生成サービス「Midjourney」の始め方と便利な使い方

AIがイラスト画像を生成してくれる話題のサービスMidjourneyを使ってみたのでその際に確認した内容や使い方について以下でまとめています。
Discord上でコマンドを入力することで画像を生成できるものなのでDiscordのアカウントが有れば良く、パソコンでもスマホでも利用することが可能です。

Discord – login
Discord is the easiest way to communicate over voice, video, …
discord.com

※本ページで記載している内容は記事公開時点のものです。
※最新の情報は変更されている場合がありますので公式情報をご確認ください。

目次

Midjourneyで画像を生成する方法

Discord上で生成するのは変わりないのですが、以下の3通りの方法で生成できます。
生成する画像に応じてチャンネルを分けることで擬似的にカテゴリ分けが出来るので任意(自分)のサーバーが一番良い気がします。

  • 専用のサーバーで画像を生成
  • 任意のサーバーで画像を生成
  • Bot相手にDM上で画像を生成(有料会員限定)
Midjourney bot カテゴリ

専用のサーバーで画像を生成

Midjourneyの専用のサーバーに入室して画像を生成する方法です。

STEP
MidjourneyのHPで「Join the beta」、Discordに遷移後「Midjourneyに参加する」。
Midjourney
An independent research lab exploring new mediums of thought …
www.midjourney.com
STEP
「NEWCOMER ROOMS」内の「newbies-◯◯◯」のいずれかに入室。
Midjourney newbies
STEP
「/imagine」と入力しスペース押下、prompt欄に任意の文字列を入力しエンターで送信。
Midjourney prompt

専用のサーバーでの始め方については以上です。

任意のサーバーで画像を生成

Midjourney Botを追加したいサーバーへ追加して画像を生成する方法です。
生成したい画像に応じてチャンネルを作る事でカテゴリ分けが出来るのでこちらの方法が一番良いのかなと思っています。

STEP
Midjourneyの専用サーバーのユーザーリストからMidjourney Botを選択してサーバーに追加
midjourney bot
STEP
追加したいサーバーを選択して外部アプリケーションの追加を承認
midjourney bot

リストにサーバーが表示されない場合は自分が管理者権限を持っていないからかもしれません。

STEP
追加した任意のサーバー内で「/imagine」と入力しスペース押下、prompt欄に任意の文字列を入力しエンターで送信。
Midjourney prompt

任意のサーバーでの始め方については以上です。

Bot相手にDM上で画像を生成

Midjourney Botを相手にDM上で画像を生成する方法です。
専用サーバーだと流れやすいしゆっくり生成したいからDM上で画像を生成するこの方法を使うといったイメージですが、自分のサーバーを立てた方が先の理由も解決する上にカテゴリ分けが出来るので良い気がします。

STEP
Midjourneyの専用サーバーのユーザーリストからMidjourney Botを選択してメッセージ
midjourney bot dm
STEP
DM内で「/imagine」と入力しスペース押下、prompt欄に任意の文字列を入力しエンターで送信。
Midjourney prompt

DMでの始め方については以上です。

(参考)promptについて

promptは呪文と言われるほど奥が深いものなので以下の3点を事前に確認しておくと良いかもしれないです。

公式によるドキュメントで仕様を確認する
公式によるギャラリーで神作品を確認する

(参考)日本語化について

Discordのアプリ版は翻訳機能が無く、ウェブ版は右クリックが出来ない仕様になっています。
ウェブ版をChromeで開いて右クリックを有効化する拡張機能を利用することで右クリックメニューからの翻訳機能を利用する形です。(精度は高くない印象ですがイメージは掴みやすくなるかと思います。)

STEP
右クリックを有効にするChromeの拡張機能を導入

例えばこちらの拡張機能などです。

Allow Right-Click
Allow Right-Click
Re-enable the possibility to use the context menu on sites t …
chrome.google.com
STEP
DiscordをChrome上で開いて右クリックから翻訳

Discordをブラウザ上で開くと右クリックメニューが使えるようになっているので日本語化出来ます。

Discord – login
Discord is the easiest way to communicate over voice, video, …
discord.com
midjourney 日本語化

うまく翻訳できないときが有る、という時は上部を切り替えてみると解決するかもしれません。

日本語化については以上です。

(参考)課金について

Midjourneyの料金体系は以下の4種類の内容です。
スクロールできます
Free trialBasicStandardCorporate
料金無料月10ドル月30ドル年600ドル
Fast GPU time25分月200分月15時間年120時間
Relax GPU time××制限なし制限なし
Metered mode×
Personal Bot Chat×
Private visibility×月20ドル別途月20ドル別途

Fast GPU time:持ち時間のことで1分あたり1枚生成出来る認識で良いかと思います。
Relax GPU time:優先度が下がり時間は掛かるものの上記と別に画像を生成できます。
Metered mode:従量制の増分課金で60分あたり4ドルでFast GPU timeが追加されます。
Personal Bot Chat:ギャラリー画像は公開されますがBotとDMでやり取りできます。
Private visibility:ギャラリー画像を他のユーザーから非表示できます。

「たくさん画像を生成したい!」という場合はStandardプランの/relaxを使って--q 0.25の低いクオリティ値や--stop 50の生成具合を指定するパラメータを加えながらサクサク画像を生成して、自分の中での当たりを引いた時に/fastでUpscale to Maxして仕上げる形で時間消費すると良いかもしれないです。
/fastじゃないと使えない機能の時だけ使うイメージ)

詳しくはこちらです。
課金は/subscribeするかアカウントページを開くと出来ます。

/subscribeでは固有のリンクが表示されます。

アカウントページは共通のリンクです。

Midjourney – account
An independent research lab exploring new mediums of thought …
www.midjourney.com

たどり着く先は左部にメニューが有る無しで異なるかと思いますが概ね同じ以下のようなページかと思います。

midjourney 課金

プランを選ぶとstripeの決済ページに飛びます。
「使用量に基づいて毎月請求」の文言が怖すぎwと思ったのですが、60分あたり4ドルのMetered mode(従量制の増分課金)が有る件を指しているだけのようで、そちらを利用せず当初のFast GPU timeで収めるなら問題無いようでした。

今回は30ドルプランで/relaxを活用するのもありますし適宜/infoで確認すれば良いとも思い気にせず進めました。
(Twitterで検索して内容把握して安心しました。有難う先人の方々)

midjourney 課金

正常に処理されると以下のようにACTIVEと表示されるかと思います。

midjourney 課金
midjourney 課金
解約後も残ったFast Time分は使用できました。

Fast Timeを全て使わないうちに一度解約してみたんですが、Fast Time Remainingの欄にそのまま残っており生成も可能になっていました。
解約の作業は/subscribeからかんたんに行えました。

midjourney fast time remaining

課金については以上です。

(参考)規約について

よくある質問や利用規約などについてのリンクを以下にまとめています。

気になるであろう内容を以下に抜粋しています。
記事公開時点の引用とDeepLを使った日本語訳という構成ですが、最新かつ正確な内容の確認は原本にてお願い致します。
ざっくりな私の理解は「生成した画像は公開されるし無課金時の商用利用は不可、課金すると商用可能でプライベートモードなら非公開が可能」です。

Rights you give to Midjourney

By using the Services, you grant to Midjourney, its successors, and assigns a perpetual, worldwide, non-exclusive, sublicensable no-charge, royalty-free, irrevocable copyright license to reproduce, prepare Derivative Works of, publicly display, publicly perform, sublicense, and distribute text, and image prompts you input into the Services, or Assets produced by the service at your direction. This license survives termination of this Agreement by any party, for any reason.

お客様がMidjourneyに与える権利

本サービスを利用することにより、ユーザーは Midjourney、その後継者、および譲受人に、ユーザーが本サービスに入力したテキスト、および画像プロンプト、またはユーザーの指示により本サービスが生成したアセットを複製、派生物の準備、公的に表示、公的に実行、サブライセンス、および配布するための永久的、世界的、非排他的、サブライセンス可能な無償の、取り消し不能の著作権使用権を許諾するものとします。このライセンスは、理由の如何を問わず、いずれかの当事者による本契約の終了後も存続します。

Your Rights

Subject to the above license, you own all Assets you create with the Services. This does not apply if you fall under the exceptions below.
Please note: Midjourney is an open community which allows others to use and remix your images and prompts whenever they are posted in a public setting. By default, your images are publically viewable and remixable. As described above, you grant Midjourney a license to allow this. If you purchase a private plan, you may bypass some of these public sharing defaults.

Exception 1: Non-Paid Members License Terms

If you are not a Paid Member, Midjourney grants you a license to the Assets under the Creative Commons Noncommercial 4.0 Attribution International License (the “Asset License”).
The full text is accessible as of the Effective Date here: https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/legalcode

お客様の権利

上記のライセンスに従い、お客様は本サービスを利用して作成したすべての資産を所有するものとします。ただし、以下の例外に該当する場合は、この限りではありません。
注意:Midjourneyはオープンなコミュニティであり、あなたの画像やプロンプトが公共の場に投稿された場合、他の人がそれを使用し、リミックスすることを許可しています。デフォルトでは、あなたの画像は一般的に閲覧可能であり、リミックス可能です。上記のように、お客様はMidjourneyにこれを許可するライセンスを付与しています。プライベートプランを購入した場合、これらの公開共有のデフォルトの一部を回避することができます。

例外1:非有料会員のライセンス条件

あなたが有料会員でない場合、MidjourneyはあなたにCreative Commons Noncommercial 4.0 Attribution International License(以下「資産ライセンス」)の下で資産に対するライセンスを付与します。
全文は発効日現在、こちらからアクセス可能です:https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/legalcode

9. Community Guidelines

 3. Sharing others’ creations. Do not publicly repost the creations of others without their permission.

9. コミュニティ・ガイドライン

 3. 他の人の創作物を共有すること 他人の創作物を許可なく公的に再投稿しないこと。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次